WELCOM

リフォームで快適生活

HOME

HOME

HOME

HOME

HOME

リフォームの種類

 増改築工事-ライフスタイルの変化とともにお住まいも変化-

生活スタイルは、家族の成長や家族構成の変化、暮らし方の変化などでかわってきます。リフォームにもっとも大切なのは、日々の生活をどのように過ごしたいか、家族のコミュニケーションをどうしたいかということです。食事の時間、帰宅時間、家族の生活のリズムを考えにいれて増改築のプランを立てることが満足する増改築への近道です。


たとえば、二世帯住宅なら二つの世帯がどのようにつき合いたいか。親の住む空間には床暖房を入れるとか、一日の生活パターンで重要なのは何か。どこに不満があり、どう解消したいかなどをふまえた上で、暮らしにピッタリのプランを考えていくことが大切です。

▼ダイニングキッチン+洋室をLDKに改装▼
 
 エクステリアリフォーム-住まいにオシャレをプラスするエクステリア-

雨や雪はもちろん、突然の雹(ひょう)や黄砂(こうさ)などから大切な愛車を守ります。洗車の手間や費用、夏場の車内温度の上昇も軽減でき、乗り換え時の下取り査定も考えるとぜひ付けておきたいエクステリアアイテムです。

▼大切な愛車を守るカーポートの設置▼
 
 オール電化リフォーム-省エネ・エコロジーで

「オール電化」とは、住宅のエネルギーを電気でまかなうライフスタイルです。
清潔で安心の「IHクッキングヒーター」、エコロジーな給湯システム「エコキュート」、室内の空気を汚さず水蒸気を発生させない足元ポカポカで、家族の健康・安全に配慮。さらに、光熱費ゼロへ挑戦する「太陽光発電」で家計にも地球にもやさしい住まいに。もちろんこれらのIHクッキングヒーター・エコキュート・床暖房・太陽光発電の全てを取り入れることも可能です。

IHクッキングヒーターは、火を使わず、磁力線の働きで鍋そのものを発熱させます。
高火力からトロ火まできっちり火力調整が可能。だから、料理も美味しく仕上がります。

▼経済的な生活にスイッチ▼
 
 バリアフリーリフォーム-出入口などの段差をなくし、みんなが暮らしやすい住まい-

バリアフリーリフォームは、ハンディキャップがある方や介護される方だけのための住宅改修ではなく「誰が住んでも安全で使いやすいこと」。
手すりの取付け・段差の解消はもちろん、これからの過ごしやすい住まいづくりをご提案します。

段差を減らすスロープと、歩きやすいように手すりも設置し、優しい玄関口へ。
数センチの段差でも、つまずきの原因になり危険です。筋力が衰えた方の歩行の補助や転倒防止に手すりを設置します。 また、ドアを引戸に換えることで、自力でのドアの開閉を促すことができます。構造・幅員・移動スペースを確保することも必要です。

▼みんなが暮らしやすい住まい▼
 
 内装のリフォーム-自分だけのインテリア、くつろげる空間づくり-

一口に内装のリフォームといっても、ちょっとしたメンテナンスから大規模なリフォームまでさまざまです。手軽に改善を図る小さなリフォームか、全面的にリフレッシュする大きなリフォームにするのか、予算や工期などから見極めると良いでしょう。

内装の汚れや傷みは目につきやすいもの。クロス(壁紙)や障子の貼り替え、フローリングの小さなキズ補修など簡単な修繕から、床の貼り替えや間取り変更を伴う中規模・大規模のリフォームまでその種類はさまざまです。

▼くつろげる空間▼
 
 外壁のリフォーム-お家を長持ちさせ、価値観や個性を映し出す-

人間が歳を取るとシワが増えたり、筋力が衰えたり、骨がもろくなるように、住まいも時間がたつにつれ衰えていきます。定期的に住まいの検査などをおこない、状況に応じた適切なメンテナンスをすることで、住まいをより長く、より美しく保つことができます。

外壁の役割のひとつに建物の外観を決める意匠性があります。住まいはそこに住む人の個性が反映されます。特に外壁は印象に強く残るもの。いつまでもきれいで、心地よい印象を演出するという観点からも外壁のメンテナンスは大切です。  

▼価値観や個性を映し出す▼
 

また、優れた外壁は、耐震性や耐火性にも効果を発揮します。地震で建物が倒壊する要因のひとつとに外壁の脆弱性があります。建物の外壁の劣化に気付かずに、雨水などが柱や土台にしみ込んで腐食してしまうと、建物の耐久性が失われ倒壊を招く危険性があるのです。

 屋根リフォーム-お家と住む人を守る屋根には適切なケアを忘れずに-

屋根は、太陽光線や風、雨や雪などの自然要因から私たちのくらしを守る大切な役割を果たしています。

真夏の炎天下では屋根の表面温度は最高60℃にも達します。したがって、屋根材は苛酷な自然条件に耐えうる材質であることが必要です。通常、瓦は30〜40年の耐久性があるといわれています。ただし、この耐久性を最大限に生かすには定期的なメンテナンスが欠かせません。
現状の屋根材を確認し、適切なメンテナンスを行いましょう。

▼適切なメンテナンスが必要▼
 
 水廻りリフォーム-キッチン、バス、トイレなど、毎日使う水まわりをより快適に-

設備のリフォームの中心はキッチン、浴室、トイレ、洗面所などの水廻り。設備はまめに手入れすることで長持ちしますが、やはり年月の経過とともに機能が低下してくるものです。設備を最新機器に取り替えることで、家事の省力化が図れたり、掃除の手間が省ける、また省エネ・省資源化による家計への負担軽減といったメリットが生じることもあります

キッチンは、誰が主になって使うのかということから、その人が使いやすく、動きやすいものにすることが大事です。一番よく使用する人の意見を取り入れましょう。また、調理や収納、片付けなど、どこに重点を置いて改善するのかということもポイントになってきます。

注目サイト

仙台 脱毛サロン

2017/11/13 更新

▼気持ちよく過ごせる毎日、ゆとりある生活へ▼
 
Copyright (c) 2008. リフォームで快適生活 Co.,Ltd. All rights reserved.