WELCOM

リフォームで快適生活

HOME

HOME

HOME

HOME

HOME

 

tyuiten

      

快適な住まいとは?

住まいをより快適にするためのリフォームですが、では「快適な住まい」というのは一体どのような住まいでしょう。リフォームをおこなう場合は、何のためのリフォームなのか、どのような住まいにするためのリフォームなのかを明確にする必要があります。曖昧なイメージのままリフォームをしてしまうと、自分のイメージをリフォーム業者に伝えることも難しいですし、結果として業者主体のリフォームになってしまいがちです。
エコキッチンリフォームなら、エコに対する考えをまとめた上で、リフォーム業者にしっかりと伝えましょう!

快適な住まいというのはもちろん人によって異なると思います。
快適な住まいを明確にイメージすることは、一人暮らしならばそれほど難しくないかもしれません。
しかし家族と同居しているような場合、家族みんなが納得するリフォームをおこなう必要がありますから、なかなか難しい作業になります。

快適な住まいの基本的な条件として機密性が高く、換気が良いことが挙げられます。またマンションなどでは遮音性も重要です。リフォームの前にはこれらの要素を重視しつつ、家族の意見をまとめておくようにしましょう。

 

施工中の仮住まいは必要?

いざリフォームをすることになった場合、すべて専門業者に任せておけばOKと思いがちですが、自分で解決しておくべきことがいくつかあります。例えば施工中の住まいの問題です。大抵のリフォームは生活しながら施工することができますが、全面的な改装など、大掛かりなリフォームの場合はやはり仮住まいが必要になります。大規模なリフォームの場合はプランニングの時点であらかじめ仮住まいをどこにするか考えておく必要があるでしょう。

引越しの必要がないリフォームでも、部屋の解体工事を伴う場合などは荷物を移さなければなりません。荷物が多い場合は、ウィークリーマンションやトランクルームを利用すると良いでしょう。

また工事中は騒音など、近隣に迷惑をかけることがあるので、事前に隣家などにあいさつをしておくことをオススメします。

時期の目安

様々な老朽化現象

家というのは長く住み続けていると、老朽化によって様々な問題が生じるものです。雨漏りや壁のひび割れ、床タイルの破損、ド<アの破損、水道の水漏れなど、老朽化によって生じる問題を挙げればキリがありません。

特に実害を感じない場合でも、畳やカーペットの磨耗が激しい場合などは見栄え上リフォームが必要でしょう。またシロアリによって徐々に進行する家屋内部の損傷などは、気付きにくいケースが多いものの、耐震強度の面からも非常に深刻な問題です。

時間の経過によって発生するこれらの問題を適切に修繕していくことは、快適な住まいを実現する最低条件といえるでしょう。

10〜20年に一度は見直しを

小さなほころびに気付かずに放置しておいた結果、大規模な修繕が必要になってしまった、というケースは良くあります。大きな問題に発展する前にメンテナンスをすることで、修繕費用や手間を抑えることができますし、後々増築や改装等のリフォームをおこなう場合にも、余計な修繕費用が掛からずに済みます。

例えばフローリングの小さな破損などは自分で簡単に補修することができますが、これが大きなひび割れに発展すると、やはりプロの力が必要になります。修繕が必要な部分を見つけた場合は、「まだ大丈夫だから」などと後回しにせず、後々のことも考えて早目の対策を心がけてください。

住まいというのは長く住み続けていれば必ず修繕が必要になるものですので、特に不満を感じていない場合でも、10年に一度くらいは家の総点検をしてみることをオススメします。

おすすめWEBサイト 5選

プラチナ買取 川崎

最終更新日:2017/12/7

Copyright (c) 2008. リフォームで快適生活 Co.,Ltd. All rights reserved.